ブログ~白内障情報室~Blog

ブログ

赤星先生が第10回ケルマン賞を受賞

  • 2017年3月9日

当院眼科赤星医師が第10回ケルマン賞
(CHARLES D.KELMAN INTERNATIONAL AWARD)を受賞しました。

今年はアメリカの眼科医Charles Kelmanが超音波乳化吸引手術を発明して50周年に当たります。

1999年にKelmanは、世界で最も白内障手術に貢献した眼科医に対しその功績を讃えるKelman Awardを設立し、2年に1度ギリシアで授賞式が行われています。

彼の死後もKelman Awardは継承され、第10回の受賞者に日本人としては初めて赤星隆幸先生が選ばれました。

独自の手術手技「フェイコ・プレチョップ」「極小角膜切開超音波白内障手術」を開発し、世界66カ国へ普及させた功績が選考委員会に認められました。

授賞式は2017年3月3日アテネで行われ、世界各国から約1000名の眼科医が集まりました。ギリシア眼科学会長のGeorgaras教授から賞が授与され、赤星先生は”Phaco Prechop”の記念講演を行いました。

 

過去の受賞者は下記の通りです。

第1回:Dr. Spyros Georgaras (1999)

第2回:Dr. Ioannis Labropoulos (2001)

第3回:Dr. Jorge Alio (2003)

第4回:Dr. Amar Agarwal (2005)

第5回:Dr. Robert Osher (2007)

第6回:Dr. Nick Mamalis (2009)

第7回:Dr. Howard Fine (2011)

第8回:Dr. Thomas Neuhann (2013)

第9回:Dr. Boris Malyugin (2015)

第10回:Dr. Takayuki Akahoshi (2017).

pagetop