レンズパンフレット
初診WEB申し込み

初診WEB申込み

お電話でのお問い合わせ

03-5846-3500

9:30-18:30(休診日を除く)

クリニックパンフレット

手術後の日常生活

手術後の日常生活|白内障手術なら秋葉原白内障クリニック

CONTARACT

手術後の日常生活

手術後の日常生活

白内障手術は短時間で終わる安全な手術ですが、決して簡単な処置ではないため手術後のケアが大切です。特に手術直後から1週間が一番大切です。この期間は創口がしっかり固まっていないので、一時的に創が開いてしまうことがあります。また、この時期は眼内レンズが嚢の中で安定していないために瞳からずれたり、乱視矯正トーリックレンズが回転してしまう場合もあります。この大切な時期にケアを怠ったり、無理をしてしまうと、将来的に問題が発生する場合がありますので細心の注意が必要です。

細菌感染予防

手術後は基本的に、ものを見ること自体は普段通りにできます。しかし眼球を切開している外科手術なので、直後の細菌感染の可能性はゼロではありません。創口が完全に閉じるまでは感染を起こさないよう細心の注意を払いましょう。特に術後1週間は、強く目をつぶったり、こすったり、重い荷物を無理に持ってふんばったりすることは厳禁です。傷口が開いてばい菌が入ってしまうこともあります。寝ている間に無意識に目を触ってしまうといけないので、手術後1週間はプラスチック製の保護メガネをつけてお休みください。
また、手をきれいに洗って、清潔にして過ごすようにしましょう。前髪が目にかかる方は、手術前に切っておくか、ピンで留めてお過ごしください。傷が開いてしまうと温かい涙が出るように感じます。これは創口から目の中の水(房水)が流れ出てきた状況の可能性があり、非常に危険です。すぐに抗菌剤の目薬をさし、当院まで受診ください。

点眼薬

手術直後は3種類の点眼薬を処方いたします。点眼する際は、専用のコットンで目の周りを拭いてから行ってください。その際、点眼薬の先がまつげに触れないようご注意ください。また、それぞれの点眼薬をさす間隔は2~3分あけてください。炎症の状態によって、手術後1~2週間目で点眼薬は2種類に減りますが、点眼は1~2ヶ月続けていただきます。ご自身の判断で点眼を止めないようご注意ください。

洗顔・洗髪・入浴

手術後の感染症を防ぐため、術後1週間は直接水をかけての洗顔・洗髪はお控えください。目の周りを避け、タオルなどでふき取ってお過ごしください。入浴は翌日から構いませんが、汗や水が目に入らないよう、短時間でお済ませください。また、入浴後は必ず抗菌剤の点眼を行いましょう。

仕事・運動

仕事の内容によりますが、デスクワークなど室内の仕事なら、手術の翌日から可能です。術後1週間は外出時には必ず保護メガネを装用してください。極端に重いものを持つ重労働については、1週間程度は控えた方が無難です。日常の家事や散歩程度の運動は、手術の翌日より可能です。手術直後は眼内レンズが嚢の中で安定していないため、激しい運動は1ヶ月程度お控えください。乱視矯正用のTORICレンズを入れた方は車や電車の中で外の景色を追わないようご注意ください。目が景色をとらえるために眼振(目が左右に動く現象)が起こり、レンズが回転してズレてしまう可能性があります。不安があれば手術後の仕事や運動は、術後の診察でご相談ください。

お化粧

手術後1週間は、目の近くのお化粧は控えてください。アイメイクは1ヶ月程度避けてください。

車の運転

視力が0.7以上あれば運転は可能です。ただし眼内レンズを入れたことで、今までと距離感が変わって見えることもあるので、十分に注意してください。

眼鏡

水晶体を完全に取り替えているために眼鏡の度数が変わり、それまでの眼鏡が合わなくなります。新しい眼鏡は目の状態が安定し、創口の状態が落ち着く術後1ヶ月以降に作りましょう。それまでは仮の眼鏡で対応ください。コンタクトレンズは術後3ヶ月過ぎれば装用しても大丈夫です。

ご案内

当院提携眼鏡店「イワキメガネ」では眼鏡作成後6ヶ月以内であれば無料で1回レンズ交換ができます。術後すぐに仮眼鏡を作り、1~2ヶ月後に度数が落ち着いてから最終のメガネを作ることができます。尚、上記特典にはクリニックからの依頼状が必要になりますので、ご希望の際はスタッフまでお申し付けください。

手術後の経過診察

白内障手術をされた方は、翌日の午前中に受診いただき術後の経過を診察いたします。視力検査、眼圧検査、眼底検査など、必要な検査の後に医師の診察があります。ここで問題なければ、さらに数日後に診察し、経過に問題がなければ次回以降の診察は、かかりつけの眼科にお戻りいただきます。

手術後の見え方について

進行した白内障の方は、手術時、通常より多くの超音波エネルギーを使うので、一時的に角膜がくもってしまう場合があります。明るさは取り戻したものの、霧がかかったような見え方になることがありますが、時間とともに改善しますので心配はいりません。また、核白内障が進行して、水晶体が茶色くなってしまっていた方は、手術後、急にきれいな眼内レンズを通して見るようになるので、色彩に違和感が出ることがあります。また、光の通りが急に良くなるので、まぶしさを感じる方もいます。たいていはすぐに慣れますが、まぶしさが気になるときにはサングラスを装用ください。