当院の白内障手術の特長Clinic

手術後の注意事項

手術後1週間は大切な時期です
傷口が完全にふさがっておらず、目の中にばい菌が入りやすい状態です

傷口が完全に閉じるまでは感染を起こさないよう細心の注意を払いましょう。強く目をこすったり、重い物を無理に持ってふんばったりすると、傷口が開いてばい菌が入ってしまうこともあります。術後1週間はプラスチック製のゴーグルをつけて眼を保護して頂きます。

また、手をきれいに洗って、清潔にして過ごすようにしましょう。傷が開いて目の中の水が外に漏れたときは、温かい涙が出るように感じます。目をこすったりして温かい涙が出たときには、傷が開いた可能性があり危険です。すぐに抗菌剤の目薬をさし、当院までご連絡下さい。

目薬を正しく入れることが大切です

手術後は3種類の目薬を処方いたします。細菌感染を防ぐ目薬と炎症を抑える目薬2種類になります。目薬は2~3ヶ月程度、継続的に続けていただきます。

  • 目薬を入れる前は手をよく洗いましょう。
  • 点眼の前には専用のコットンで軽く目の周りを拭いてから点眼ください。
  • 上まぶたをさわらないように。下まぶたを軽く引っぱって入れましょう。
  • 目薬と目薬の間は2~3分以上あけましょう。
  • ご自分の判断でやめないようにしてください。必ず医師の指示に従ってください。
  • 点眼びんの先に、まつげがついたりしないように注意してください。
手術翌日
  • 首から下は入浴していただけます。
    ※洗髪は目に水が入る恐れがありますので、手術日含めて6日間はお控えください。
  • 顔は水でバシャバシャ洗わず、濡れたタオルで拭くだけにしてください。
    ※洗顔は手術日含めて6日間はお控えください。
  • 食事など制限はありません。
    ※お酒・タバコは1週間程度お控えください。
  • テレビや読書も、疲れない程度なら構いません。
術後1週間
  • お風呂、お化粧など手術前と同じようにして頂いて結構です。
    ※アイメイク(アイライン・マスカラ等)は術後1ヶ月はお控えください
  • 車の運転は、視力が0.7以上あれば可能ですが、医師の許可がおりるまではお控えください。
術後1ヶ月
  • 傷もほぼ治り、スポーツも可能です。
  • 視力が安定してきますのでメガネを作ることができます。必要な方はメガネ合わせの検査をいたします。
術後3ヶ月
  • 一般的に術後の目薬も必要なくなります。
  • 日常的な制約はほとんどありませんので、ご趣味やスポーツを大いに楽しんでください。
pagetop