多焦点眼内レンズ白内障手術Surgery

当院で受けられる多焦点白内障手術

3焦点レンズを用いた白内障手術「ファインビジョン」

「遠く」「近く」「中間」のすべての距離にピントが合うトリフォーカル眼内レンズ」

ファインビジョン(FINE VISION)は、ベルギーのPhysIOL社から2011年に発売されたプレミアム眼内レンズです。従来の多焦点眼内レンズ(マルチフォーカル)は近方と遠方の2焦点であるため遠近の焦点よりもやや中間部の視力が出にくいという現状が存在していました。このレンズはその弱点であった部分を補い、よりメガネの使用頻度を減らす事が可能となり、快適な日常生活をもたらしてくれます。
また、乱視矯正もできるタイプもありますので、乱視が強い方でもトリフォーカル眼内レンズを用いた白内障手術で矯正が可能です。

2種類の2焦点IOLのコンビネーション

レンズの構造と特性

このレンズは、アポダイズド回折型で非球面デザイン、遠くと近く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっています。
そのため、「遠く」、「中間」、「近く」にピントが合います。 材質は親水性アクリル、ブルーライトと紫外線をカットする着色レンズです。眼内レンズは、焦点を増やせばそれだけエネルギーロスとなり、通常はコントラスト感度が低下しますが、ファインビジョンはエネルギーロスが現行の2焦点レンズと同等であるにもかかわらず中間距離の視力も良好なレンズです。またアポダイズド構造によって、グレア、ハローがかなり軽減されます。

ファインビジョンの特徴
  1. 1 「遠く」「中間」「近く」の3箇所にピントが合うためメガネの必要性がさらに減る
  2. 2ハロー、グレアが軽減
  3. 3乱視があっても矯正可能
  4. 4白内障だけでなく老眼治療としても最適
ファインビジョン手術費用
ファインビジョン(3焦点)
乱視なし
  • 両眼1,000,000円
  • (※別途消費税がかかります)
  •  
ファインビジョン(3焦点)
乱視あり
  • 両眼1,200,000円
  • (※別途消費税がかかります)
  • 片眼のみ乱視ありの場合は
    1,100,000円(別途消費税)

※ファインビジョンは先進医療保険適用外の自由診療になります。

先進医療 多焦点レンズ白内障手術

先進医療と費用

当院で使用している先進医療適用眼内レンズ

先進医療とは厚生労働大臣が医療技術ごとに定めた施設基準を満たす医療機関だけが行うことができます。これらの医療技術は安全性や効果は確立しているものの、まだ健康保険の適用が認められていないため、医療費は全額自己負担しなければなりません。しかし、先進医療施設に認定された施設で治療をすると術前術後の診察に保険が適応できます。また、民間の医療保険(生命保険)の「先進医療特約」の対象になりますので、医療費負担が軽減されます。詳しくはご加入の保険会社にご契約の内容や給付の範囲をご確認ください。

先進医療
多焦点白内障手術
(2焦点)
両眼・・・800,000円
手術前・手術後の診察・検査・薬代は、保険診療となります。
pagetop