当院の白内障手術の特長Clinic

眼内レンズとは

白内障手術は濁った水晶体を取り除き、代わりに人工の眼内レンズをいれる手術です。眼内レンズにはメガネやコンタクトレンズと同じように度数があります。眼内レンズの種類や度数を適切に選択することにより、近視・遠視・乱視を矯正することができます。

眼内レンズの寿命は半永久的でレンズの洗浄やメンテナンスは必要ありません。素材は、アクリル・シリコン・PMMAと種類がありますが、当院ではアクリル製の眼内レンズを使用しております。 眼内レンズの種類は大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。

水晶体にはそれ自体が膨らんだり縮んだりすることでピントを合わせることができる調節力がありますが、人工の眼内レンズにはその調節力がありません。したがって、「単焦点眼内レンズ」を使用される患者さんにはピントを「近くに合わせるか」「遠くに合わせるか」を選択いただく必要があります。見えにくい距離については、手術後に眼鏡で補正すれば見えるようになります。

「多焦点眼内レンズ」は遠近にピントが合うように緻密に加工された特殊な眼内レンズです。眼のなかに遠近双方にピントが合うようなレンズが入ることになるため、手術後には眼鏡をかけないでも遠近が見やすい状態になる可能性が高くなります。

単焦点眼内レンズ

「単焦点眼内レンズ」は、現在の白内障手術で使用される最も一般的なレンズです。
健康保険が適用される手術になりますので、手術代は健康保険の負担割合に応じた自己負担金で手術が受けられます。

「単焦点眼内レンズ」には、素材や仕様に応じて様々な種類があります。 当院ではアクリル製の着色非球面眼内レンズを第一選択として使用しております。
また、近年では乱視を矯正する乱視矯正眼内レンズ(トーリックレンズ)も登場し、白内障手術で乱視も矯正できるようになりました。

トーリックレンズは通常の眼内レンズより高価なレンズになりますが、当院では適応の患者さんには積極的にトーリックレンズを採用し、術後の見え方が最良のものになるよう努めております。

着色非球面レンズの特徴

眼内レンズ
非球面着色眼内レンズ

眼内レンズは透明のタイプもありますが、当院では少し黄色い色がついた着色レンズを使用しております。透明なタイプの眼内レンズを使用した場合、術後にものが青っぽく見える『青視症』が起こることがあります。 これは、手術前の元々の水晶体が若干黄色く着色していることによるもので、青視症は特に色を扱う職業の方には大きな影響が出ることがあります。そのため、術後、より自然な色合いで物をみることができます。

また、着色眼内レンズには紫外線に近い波長の色をより吸収する効果があります。水晶体の役割はピント合わせの役割だけでなく、有害光線を吸収・除去する働きも持っています。白内障手術ではその水晶体 を取ってしまいますので、新たに移植する眼内レンズにもこの機能を持たせる必要があります。

その為、着色レンズには加齢黄斑変性症などの紫外線等が誘因と考えられる病気の予防にもなると期待されています。非球面レンズは、球面レンズと比較すると収差(像のゆがみ)が少なく、見え方がクリアになります。特に瞳孔が大きくなる夕方から夜間にかけて、よりクリアに見える利点があります。

乱視矯正眼内レンズ(トーリックレンズ)

乱視矯正眼内レンズ

トーリック眼内レンズは、乱視を矯正できるレンズとして海外では使用されていました。2009年に日本でも承認され、通常の単焦点眼内レンズ同様に保険適応としての手術が受けられるようになりました。トーリックレンズで矯正できる乱視の範囲は-0.75D~-4.0Dで、ほとんどの乱視はこの範囲に入ります。

トーリックレンズの移植には、術前に眼内レンズ度数を決める段階で複雑な計算を要し、術中にも厳密にレンズの方向を乱視軸に合わせる必要があるため、高度な手術精度が要求されます。当院では高い精度でレンズを移植することに成功し、年間1,500症例前後の件数をトーリックレンズで行っております。
※乱視とは、角膜や水晶体の歪みのため焦点が1つに結ばれず、見え方がぼやけたり、二重に見えたりする状態です。

単焦点眼内レンズの度数選択

白内障手術では、どのような度数のレンズを使用するかがとても大切です。適切な度数のレンズを使用することにより、もともとあった目の屈折異常を改善させることができます。いったん眼内レンズを目の中に入れてしまうと、簡単には取り替えられません。
個々のライフスタイルに合った選択を頂けるよう、しっかりとご相談ください。

基本的な考え方

「単焦点眼内レンズ」の白内障手術後は日常生活にメガネが必要とお考えください。ピントの合う位置を遠くに合わせた場合は、メガネなしで遠くが見やすくなります。ピントの合う位置を近くへ合わせた場合は、メガネなしで近くが見やすくなります。

手術後、見え方が術前と変わると混乱することがあります。そのため一般的には、元々近視の方は近くにピントが合うように、元々遠視の方は遠くにピントが合うように眼内レンズの度数を選ぶ考え方が一般的です。

近くにピントを合わせることを推奨する方

近くは見えるが、遠くが見えない
※手元約40センチがよく見えます。メガネなしで新聞の文字などは読めますが、遠くのテレビはぼやけて見えません。裸眼視力は0.1ぐらいで、視力表の一番上がやっと見える程度です。

もともと近視で、「近くは見えるが、遠くが見えない」方で下記のようなお仕事やご趣味の方は近くにピントを合わせることを推奨します。

  • ・デスクワークの多い方
  • ・手芸など手元で行う細かい作業が好きな方
  • ・読書が好きな方

遠くにピントを合わせることを推奨する方

遠くは見えるが、近くが見えない
※メガネ無しでテレビは見えますが、新聞の文字などは読めません。日常生活でメガネは不要ですが、本や新聞を読む時にはメガネ(老眼鏡)が必要となります。

もともと正視、または遠視、あるいは近視でコンタクトレンズを使用していた方。つまりは、「遠くは見えるが、近くが見えない」のでメガネ(老眼鏡)をかけていた方で、下記のようなお仕事やご趣味の方は遠くにピントを合わせることを推奨します。

  • ・日常的に運転をされる方
  • ・ゴルフが好きな方

多焦点眼内レンズとは

多焦点レンズの見え方のイメージ
近くの新聞も遠くのテレビもピントが合っています。

白内障手術の際に挿入する眼内レンズは、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズに分けられます。単焦点眼内レンズは、遠くか近くか、どちらかを見る時にはメガネが必要ですが、遠近両用の多焦点レンズ“マルチフォーカルレンズ”ならメガネなしで近くも遠くも見ることが可能です。できるだけメガネを使いたくないというニーズに応えるために登場したのが多焦点眼内レンズです。

また、最も新しいレンズでは、近方・遠方に加えて中間距離にもピントが合う多焦点レンズ“トリフォーカルレンズ”も開発されました。このプレミアムレンズの登場により、メガネの使用頻度はさらに軽減され、快適な日常生活が実現できます。

当院は「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」において、厚生労働省認定の先進医療施設です。先進医療とは一般の保険診療よりも高度な先進技術を駆使した医療です。厚生労働大臣が医療技術ごとに定めた施設基準を満たす医療機関だけが行うことができます。 ご自身のライフスタイルに合わせて眼内レンズを選べる時代ですので、満足できる眼内レンズの選択をご相談ください。


当院で受けられる多焦点白内障手術

多焦点眼内レンズの注意点

多焦点眼内レンズは、遠方と近方の2ヶ所に焦点を持つため、度数がぴたりと合うと手元から遠くまで、ほとんどの場合でメガネなしで見えるようになる方もいらっしゃいます。但し、すべての人に効果が保障されるわけではありません。
多焦点レンズが適していないケースもございますので、十分ご理解いただいた上でご検討ください。

白内障以外に目の疾患がある方

糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症、緑内障など、光の感じ方に何らかの異常のある方にはお勧めできません。網膜や視神経が弱っている場合、いっそう見えにくくなってしまいます。

外傷歴のある方

多焦点眼内レンズは瞳の真ん中に入れないと機能しません。過去に受けた外傷などで、レンズを吊るすチン小帯が弱っている方はレンズが術後にずれる可能性があるので状況によっては単焦点レンズに替えなければいけないこともあります。

すでに片眼に単焦点レンズが
入っている方

左右の焦点の位置が違うとうまくいきません。

絶対にメガネをかけたくないと
思われている方

性格的に完璧主義の患者さんには不向きといえます。若い頃の見え方を過度に期待する余り、たとえ術後視力のデータが良くても見え方に満足できないケースもあります。おおらかな性格で「メガネなしで生活できればいいな」程度の気持ちで手術に臨まれる方は大抵、満足されます。

pagetop